読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「挑戦することは素晴らしい」山本先輩のブログ

本田圭佑選手⚽️ が大好きな男、山本先輩が「挑戦することの素晴らしさ」を伝えたいをテーマに、主にサーフィン初心者に特化した、お役立ち記事を書いています。

「柔道、野村忠宏」から仕事と人生で大切なことを学ぶ

こんにちは!サーフィンを通じてあなたのチャレンジ精神に火をつける山本先輩です!

 

 

今回は武井壮さん著の『勝つ人 13人のアスリートたち』の中からオリンピック柔道60Kg級を3連覇した野村忠宏さんとの対談を読んで感じた思いを書きます。

 

 

この対談を読んで、スポーツってなんでこんなに仕事や人生に通じているんだろうと思わずにはいられなかった。そんな内容です。

 

 

f:id:ouenjinsei:20161007064155j:plain

 

 

 

◼︎えっ!マジすか?

 

 

なんと野村さんは子供の頃から運動神経は悪く、陸上も球技も体力測定をやっても結果はひどいものだったそうです。

 

体も小さく中学入学時に体重32キロ、高校入学時も45キロしかなかった。(ちなみに我が家の長男10歳、28キロ)

 

 

 

現役時代から超いい体をしていたことから鍛えに鍛えまくってるものだと思っていた野村さん。

 

f:id:ouenjinsei:20161006124846p:plain

 

 無駄な筋肉をつける意味での鍛え方は特にしていなかったこと。

それでこの体は半端ない。男なら誰しも憧れる身体です!

 

 

 

 

しかし、握力は僕と同じ40Kgしかない。柔道って腕力勝負だと思ってましたが、それでもオリンピックを3連覇してしまうなんてすごいですよね。(30代、男性平均は48Kg)

 

 

柔道でオリンピック3連覇するのにスーパーボディは必要なかったってことですね。

 

 

 

 

◼︎なぜ勝てたのか?

 

 

 

 

やっぱり成功する人は諦めないんです。

 

 

野村さんは子供の頃から柔道が弱かった。

 

それでもたまに自分より体の大きい相手を背負い投げできることがあり、今辞めたらもったいない。

 

これを磨き続けて、本気の努力を続けた先に可能性があるんじゃないかって思いながら柔道を続けたそうです。

 

ようやく結果が出たのは高校3年時。

 

県大会で優勝し、その後行われた全国2位に。

 

 

そのまま順調に頭角を現して行ったのかと思いきや、またこの後は勝てず。

 

 

大学時代でも校内予選で敗退してしまうくらいの実力しかなかったんです。

 

 

 

そんな野村さんが勝てるようになったのは「たぶん身体の使い方が上手かったから」と話しています。

 

 

子供の頃から投げられてばかりで、投げられるのも練習と言われるけど、もう投げられたくないと相手にしがみついたり。

 

 

中途半端な投げでも絶対離さず、相手の背中が畳につくことに固執した。

 

 

それをずっと繰り返しているうちに体に浸みこんでいったとのこと。

 

 

 

 

 

 

◼︎諦めなかったからこそ、見えてくるものがある。

 

 

野村さんの諦めない姿勢、本当に勇気がもらえる内容でした。

 

 

僕はサーフィンを始めたいと思っている人や、始めたけど何かに躓いている初心者の方を応援したいと勝手に思っている。

 

 

それはチャレンジすることをやめてほしくないから。

 

 

サーフショップを営んでいなくても、プロサーファーの肩書きがなくても僕にはそれができるはず。

 

 

今は僕の存在なんてほとんど知られていないけど、コツコツと続けていけば必要としてくれる人が現れる。

 

 

そうやって少しづつ、僕の周りに笑顔で波乗りしている人が増えていく♪( ´▽`)

 

 

そんな未来がハッキリ見えてしまっているからこうしたブログも書いてしまう。

 

 

平日は会社員しながらも止まらないんです。

 

 

 

 

 ◼︎一流の練習方法を応用してみる

 

 

これも非常に興味深い内容でした。

 

野村さん、武井さん二人が言っていたのは練習時間。

 

 

二人とも時間ではなく、「質」にこだわっています。

 

 

武井さんの陸上の場合、今は一日1時間だけの練習にしている。

なぜなら陸上は自己ベストを出す競技。

 

 

5時間も6時間も練習したり、何百m×何本という時点で100%を出せる練習じゃない。

 

 90%の練習をするよりも。101%の力を出そうとする時間がどれだけ長いかが大事と言っています。

 

 

 

野村さんも世界戦の決勝は5分で腕がパンパンになり、息が上がって肺も痛くなる。

それだけハードな5分なんだと言っています。

 

それを乱取り6分×15本とか「できるか!」って思っているそうです。

 

 

それに気づいたのも恩師の方から「試合は何分だ?」

 

「今は1時間半やれる練習しかしてないだろ、15分〜20分で休んでいいから常に試合を意識して練習だと思うな、とことんやれ!」と言われたことがきっかけだそうです。

 

そこから練習方法を変えて、全日本チャンピオンにもなれた。

 

 

2人とも短時間、練習の質にこだわって結果出してます。

 

 

サーフィンも海に入るとダラダラと2、3時間やってしまうことがあります。

 

今日は1時間くらいしか入れない。それでもその中でできる練習は必ずあります。

 

波がなくても絶対にできる練習は、ひたすらパドリング練習。ほぼただのトレーニングに近いか(笑)

 

でも1時間もパドリングを続けたら、短い時間で身体がとんでもなく疲れます。

 

これを練習すると決めて、それに徹した1時間は長いです。

 

 

 

 

 

2人の考えを仕事に当てはめると、本当に働き方は変わる気がしています。

 

今の日本のサラリーマン社会はまだまだ「長時間労働=成果につながる」という意識から抜け切れていません。

 

みなさんの周りを見渡してみれば分かりますよね?

 

一日、8時間労働を4時間にして同じ結果出そうとか本気でしている人っていますか?

 

僕の実感では全然いません。

残業することが大前提で出社している人の方が圧倒的にが多いです。

 

 

ちなみに短い時間で働いて、結果は出して、給料も上げてもらって、自分の時間も手に入れようぜ!って会社で本気で言って、会社の中で異質な人に扱われているのは僕です。

 

まぁ気にしないけど♪( ´θ`)ノ

 

 

話が脱線しましたが、とにかく常識に囚われてしまうことって怖いです。

 

 

野村さん、武井さんのお話から今の自分に取り入れられることが何か感じられましたか?

 

 

自分の人生のレールの上を歩けるように。

 

敷かれたレールだけを見て、それが自分の人生だと思い込むようなことだけはしたくない。

 

 

僕はまた改めて思ってしまいました。

 

やっぱり他人の人生じゃなくて、自分の人生を歩かなきゃね☆

サーフチャレンジの感想(in鵠沼海岸)

 

こんにちは!サーフィンを通じてあなたのチャレンジ精神に火をつける山本先輩です!

 

 

 

今回は先日行ったサーフチャレンジから、生徒さんより頂いたレッスンの感想をご紹介します。

 

f:id:ouenjinsei:20160927100314j:plain

 

 

 

(サーフィン 感想文5回目)

 

2016/9/18

 

場所:鵠沼海岸

 

 

天気:雨 

 

風:強いオンショア(沖から浜に向かい吹いてくる風)

 

波のサイズ: インサイドは腰腹、アウトでは胸サイズ

 

波の特徴:風波は波数が多く、波の予測がとても難しい。

 

 

本日の目標:アウトサイドに出る!

 

 

 

パドリングには少し慣れてきたが、それは波がほとんどない時の話だ。

 

波が立っている海でこそ、パドリングの持久力とスピードが試されるのだ!

 

ここで、ぼくが覚えたサーフィン用語の解説をする。

「アウトサイド」とは、沖側を指し、波がウネリとなってまとまった場所で、サーフィンでいう良い波が来ている場所だ。そこは比較的、海面が穏やかである。

 

対義語は「インサイド」で、海の中でも岸側をさす。

 

今日はサーファーが本来乗るべき波を待つために、インサイドを抜けてアウトサイドまで行く必要があった。

 

 

風波コンディションではちょうどインサイドとアウトサイドの間くらいで波がバンバン崩れる。

この波のパワーのくらう場所を乗り越えること、これが全ての初心者に立ちはだかるであろう壁の一つだ。

 

 

まず、普通にパドリングすると必ず波に巻き込まれてしまい、海の中で3回転くらいした後にインサイドに引き戻される。

 

 

こいつの対策は以下の3つ。

 

1.ドルフィンスルーで波の下をくぐる。

 

2.ローリングスルーでボードをひっくり返し、波をやり過ごす。

 

3.波が落ち着くのを待ち、次の波が来るまでの間に全力でパドリングをして沖に出る。

 

ぼくが今日実践した策は、3の波が穏やかな時に沖まで

全力パドリング。

 

1のドルフィンスルーは僕の使っているボードがファンボードのため、浮力がありすぎて出来ない。

 

 

2のローリングスルーは、波一発くらいならやり過ごせるが、今日のように波数が多く次から次に波が来る場合、

2発目以降の波に巻き込まれるため断念!

 

 

30分間ほど波と格闘した結果、今日は計2回アウトに出ることができた!

 

 

本当にサーフィンに最も必要なものは、諦めない心なのだと学ぶことができた。

 

 

 

最後に、アウトサイドに出てみると、そこにはベテランサーファー達が波を見極めながら次々とテイクオフする光景を見ることができた。

 

インサイドで波に巻かれていたら見ることのできない景色で、自分も早く仲間入りしてこの波に乗れるようになりたいと思う瞬間だった。

 

(余談) 今週のプールトレーニング。

25メートル、タイムトライアルは23秒。あと3秒縮めることで目標達成!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

前回とうって変わって、今回はサーフィン初心者の心をこれでもか!

とへし折ってくれる「風波」に当たり、これまたサーフィンの辛い部分を経験することができましたね。

 

 

正直、サーフィン未体験から5回目にして、今回の風波でアウトに出てくるとは僕も驚きでした。

(本当はインサイドの波に負けて、打ちひしがれて、砂浜で膝抱えて、凹んでもらう日になると予想していたのに・・。)

 

 

レッスンを受けている2人のここまでの努力の賜物ですね。本当に素晴らしい。

 

 

残り4回となったレッスンも、順調に来ています。次回くらいからいよいよテイクオフ(ボードの上に立ち上がる)に入ろうと思います。

 

 

そして、そろそろ水着じゃ厳しい時期になってきたので、近いうち生徒さんの真冬用ウエットスーツの購入にも同行予定です。

 (ウエットスーツは自分サイズにフルオーダーすると、作成に2週間〜1ヶ月ほど時間がかかります。寒くなってから作るのでは遅いですから9月、10月中に作ることをお勧めします)

 

 

サーフィン初心者の皆さん。

冬が来る前に、サーフィンを趣味にできるよう頑張りましょう!!

 

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

山本先輩サーフチャレンジとは?

サーフィンをただの体験ではなく、趣味にしてもらうことを前提に3ヶ月で合計9回のレッスンを行っています。

「3ヶ月で自力でボードに立ち上がること」を約束し、その後も一人で海に練習に行くことができるようになることを念頭に置いたプログラムとなっています。

 

ウエットスーツの着方から、道具選び、サーフィンするポイントまで、初心者の方が少しでも不安なく海に練習に行けるよう「先輩」という距離感で色々教えていきたいという思いから始めました。(実際横浜市内にあるサーフショップへの同行もしています)

 

一人で始めるにはハードルが高いというのも「サーフィン」の事実。

サーフィンを本気で趣味にしたいと思ったら、僕に相談してくださいね。

 

https://www.facebook.com/senpaichallenge

山本先輩の考えるサーフィン基礎の基礎とは。

こんにちは!サーフィンを通じてあなたのチャレンジ精神に火をつける山本先輩です!

 

 

 

今日はサーフィンの基礎の大切さについて書きたいと思います。

 

 

 

f:id:ouenjinsei:20160920224617j:plain

 

サーフィンの基礎、初めの一歩と言えば「パドリング」と言いたいところですが、

 

 

その前に、まずは自分のボードに正しい位置で乗れているか?確かめてください。

 

 

海でよく見る、初心者の方が落ち入りやすい失敗は、ボードの後ろに乗りすぎてしまい、ノーズが上がり過ぎているというもの。

 

 

左右の足は開きっぱなし、ノーズは上がりすぎ。。

 

 

この状態で頑張っている初心者の方を見ると、声かけてちょっと教えたくなるくらいに残念な状態なんです。

 

 

 

僕がサーフチャレンジで教えているボード上での正しい乗り位置は、ボードに多少胸を反った状態でノーズが少し浮くくらいと伝えています。

※ボードのロッカー(反り)にもよります。

 

 

さらにイメージしてもらいたいのは、ボードだけを海面に浮かべた状態です

 

この状態でボードを押してあげるとかる〜くボードが進むのはわかりますよね。

このボードバランスが、一番水の抵抗を受けずにボードが進む状態です。

 

 

自分の体が乗ってもこのボードの状態を作り出すイメージを持ってください。

 

 

 

今ここに書いたようなことでも、サーフィンを始めて最初に教えてもらうことはなかなかないと思います。

 

 

 

それは僕自身もそうでしたが、立つことに意識が行きすぎてしまう方が非常に多いためです。

 

 

その証拠に先日オンショアが吹き荒れる風波の中で行ったレッスン中でも、僕の生徒さん以外の初心者の方はひたすらインサイドでテイクオフしている状況でした。

 

波はあるのでテイクオフ練習用のスープ(ウネリからブレイクした白波)も沢山ありましたからテイクオフの練習というのもよくわかります。

 

 

 

ただ、僕のレッスンの優先順位でいうと「立ち上がる」という行為は3ヶ月のレッスン中の終盤で行う内容なので、5回目までが終了した現在も一度もテイクオフの練習はしていません。

 

立ち上がる動作の練習、していないんです(笑)

 

 

 

風波で波数の多い日は、初心者のころはインサイドで波をくらってしまい、沖には出れず。諦めて砂浜へ戻るしかないなんて状況に陥ってしまうことが少なくない。

 

 

初心者にとって波数が多いというのは、はっきり言うと辛いコンディションなんです。

 

 

そんな状況だった先日もインサイドのスープでテイクオフの練習する方が多い中、僕の生徒さん2人はインサイドの波をくらいまくりながらもとにかく漕ぐ!

そしてアウト(沖)に出るよ!という練習。

 

 

波数の多いこんな時は、たまに訪れる「波が落ちついたタイミング」を見逃さずにいかに進むか、ボードも大きいのでドルフィンスルーなどもできない中、2人にはとにかく休まず、頑張ってパドリングをすることを伝えました。

 

 

はっきり言って、根性です。ストイックとしか言いようがない練習(笑)

 

 

それでも2人とも2時間の練習で2回、しっかりインサイドの波数の多さに負けずアウトに出ることができました。

 

 

 

インサイドの人の多さに比べて、アウトでサーフィンする人の少なさだったり、来ている波のサイズ、波質の違い、「アウトの景色」というものを見ることができました。

 

 

この経験がサーフィンを趣味にできるかどうかにおいてはすごく大きいんですよね。

 

サーフィンはもしプロサーファーのスクールに行っても、こういう部分は手伝うってもらうことができません。

 

 

自分で乗り越えるしかない部分です。

 

 

だからこそ、基礎の基礎が大切なんです。

 

 

正しいボードの位置に乗り、安定してボードに乗る。

 

そしてパドルトレーニングによりパドル力を付けていくことで、しっかりと今回ような風波にも負けないということを2人の生徒さんが証明してくれています。

 

 

 夏が終わり、秋冬に向けて頑張っている初心者の皆さん、サーフィンは本当に基礎が大切ですから焦らずじっくりと頑張っていきましょう☆

サーフチャレンジの感想(in辻堂第2)

こんにちは!サーフィンを通じてあなたのチャレンジ精神に火をつける山本先輩です!

 

 

今回はサーフチャレンジの参加者、Kさんから頂いた感想をご紹介します。

第4回目のレッスンを終えた際の感想です。

↓ ↓ ↓ ↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サーフィン 感想文4回目 2016/9/3(土) 天気:曇り時々晴れ

少し風が強め

波:膝…ほとんど波なし

場所:辻堂第2

 

 

サーフィン4回目、いつもの辻堂の海はほとんど波がない。

 

こんな時、サーファーは2択を迫られるのだ。

 

 

波のある海に行き先を変更するか、パドルの練習と割り切るか。

 

 

まだビギナーの我々は後者を選択することに。

 

今回はS先輩も一緒なので、少しハードになりそうだ。。

入念にストレッチをして入水! 風の吹く方向に波が立っており、逆らってパドリングするのは中々堪える。

 

f:id:ouenjinsei:20160920224542j:plain

 

山本先輩がアイフォンの防水ケースを持ってきていたので、自分のパドリング姿を録画してもらうことに。

動画には僕とS先輩が並んでパドリングする様子が映っており、比較してみた。

 

 

1.当たり前だが、スピードは2倍くらい違う。もっとスピード上げないと、波を自由に掴めない。

 

 

2.姿勢がぶれない。S先輩は逞しい背筋を使い、ピンとそった姿勢をキープしながらパドリングしていた。

一方僕はボードに張り付いてると思えるほどの状態で、安定感がなかった。

 

 

 

それを機に帰ってから、次に海に行くまで下記トレーニングをすることにした。

1.プールに週2回。目標は25メートル20秒。 20秒としたのは、現在の自己ベストが25秒なのでなんとなく5秒くらいならいけると思ったからだ。

 →実績、週2回はクリアしたが、25メートルは24秒

 

2.ピンとした姿勢を保つためには背筋を鍛える必要があると考えた、週2回背筋50回。  →実績、プールの休憩時間の時間つぶしにやったので苦なくできた。 次に海行くときは良い波が立ってますように!

 

 

f:id:ouenjinsei:20160920224617j:plain

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今回も感想を送ってくれたKさん、今回は今までで一番波がなかったですね。

 

ショートボードではテイクオフもできないほど、波がない。

湘南らしいといえば湘南らしい海をやっと経験しましたが、パドルトレーニングには持って来いの波でした。

 

 

波が無いと言っても、海面は揺れておりその中でただパドリングするだけというのも簡単では無いことが分かったと思います。

 

 

砂浜→沖でも、沖→砂浜の方向でも無く、浜から海を見て右から左、左から右とパドリングで移動することで波を体の横から受けながらのパドリングとなり、これだけでもボードの上でのバランスが不安定になることがあったと思います。

 

 

サーフィンで波に乗る際は、波のピークと呼ばれる場所を目指して移動しながら波に乗ります。その際は今回のような横への移動ということも必要になりますから、しっかり練習しておきたいところです。

 

 

今日のようなトレーニングは必ず活きてきますよ。

 

 

実際のサーフィンでは海面が揺れ動き、不安定な中でも前後左右にパドリングで移動することができないと、波を掴まえるというのは容易ではありません。 

 

 

 

最後に、Kさん。

サーフィン上達の為、平日もプールで泳ぎ始めましたね!

 

海に入れなくても、できることはありますから自分なりの課題を持ってチャレンジするその姿勢は素晴らしいですね。

 

 

僕のレッスンで教えている早いパドリングを初心者の頃から意識してもらうことで、テイクオフの練習に入った時には必ず違いが現れます。

 

 

安定したパドリングを手に入れれば、テイクオフの動作だけに集中することができるので遠回りしなくて済むんです。

 

 

いきなりテイクオフの動作ばかりを行うのは、パドリング力の無さや、ボード上で安定しないという課題を見えずらくしてしまい、遠回りの原因になります。

 

 

波に乗るまでの過程を確実なものにするために、テイクオフの練習は計9回のレッスンの後半で十分だと考えています。

 

 

4回目までのレッスンで参加してくれている2人は確実な成長を続けており、回数を重ねるごとにパドリングも安定してきています。

とても人生4回目のサーフィンをしている人には見えませんでした。

 

 

この調子で次回以降も頑張ってレッスンしましょう!

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

山本先輩サーフチャレンジとは?

サーフィンをただの体験ではなく、趣味にしてもらうことを前提に3ヶ月で合計9回のレッスンを行っています。

「3ヶ月で自力でボードに立ち上がること」を約束し、その後も不安なく一人で海に練習に行くことができるようになるプログラムとなっています。

 

ウエットスーツの着方から、道具選び、サーフィンするポイントまで、初心者の方が余計な不安なく海に練習に行けるよう様々な事柄に対し「先輩」という距離感でレッスンしてしたいという思いから始めました。

一人で始めるにはハードルが高いというのも「サーフィン」の事実。

サーフィンを本気で趣味にしたいと思ったら、僕に相談してください。

 

 

 

 

上手い!奴から学べ

こんにちは!サーフィンを通じてあなたのチャレンジ精神に火をつける山本先輩です!

 

 

今日は先日、海で練習中に入っていたプロサーファーから色々学ばせてもらった経験について書きたいと思います。

 

 

f:id:ouenjinsei:20160918225211j:plain

 

動画等で見るプロの動きはどれも「良い波」に乗っているように見えます。

だからこそ乗った波にアクションを入れながら、格好良いライディングができているのだと。

 

 

しかし、少し違ったのは確かにプロは良い波に乗っていますが、週末サーファーレベルでは何もできないような波の日でも、彼らはその中の良い波を見つけて乗ることができるんです。

 

 

これね、間近で見ると「マジすげーわ!」って絶対言いたくなるんですよ。

 

 

アクションを仕掛けた時、ズッバーン!と波を切り裂く音が聞こえるほど。

そのキレはアマチュアとは違います。

 

 

 

◼︎上手い奴が乗る波をよーく見る

 

 

僕が初心者の頃、意識してみていたのは上手い人たちがどのような波を追うのか、そして乗るのかということ。

 

 

上手い人たちは、野球で言うと打てる球を見極める選球眼ならぬ、波を選ぶ「選波眼」に優れています。

 

 

 

それが良く分かった経験というのが、同じ海に入った時なんです。

 

 

自分の乗る波は乗ってもなかなかアクション出来るような状況ではない、でも「同じ海」に入っている上手い奴らは技を決めていきます。

 

 

 

一体何が違うの!?と毎回思うのですが、技術的なことの前に波選びなんですよね。

 

 

その時見るべきポイントは、 

まずそのポイントのどこにポジションニングしているのかを見る。

そして次に彼らはどのような波を追うのか?

 

 

まずここをしっかりと見て学んでもらいたいです。

 

 

プロのように上手い人の近くで入っていると、まず100%乗りたい波は持っていかれます(笑)

 

 

なので、そのような時は見て学ぶことに徹してみるのも非常に良い勉強になります。

 

 

 

これをやることでプロのようにアクションを仕掛けることの出来る良い波というものが、どういう波なのかが分かってきます。

 

 

運が良ければ、誰も追わない良い波がそこで自分に回ってきますから、絶対に乗ってみる。

 

良い波とはどういうものかが、乗ることでさらに良くわかりますから。

 

 

 

波に乗ってからのボード上での技術も、プロは勿論すごいのですが、そこはサーフィンしていたら最後まで追い続けることになりますので焦る必要はないです。

 

 

 

◼︎「選波眼」を鍛えて、良い波に乗れ

 

 

スノーボードとは違って。繰り返し同じ波で練習のできないサーフィンでは、この波を選ぶ眼を養うことが深く上達にも関わります。

 

 

初心者の方が一人で練習する場合も、ただサーフィンするではなく波選びの技術も同時に上げていくことが大切です。

 

 

そこで、有効なのが同じ海に入っている自分より上手い人が、どういう波に乗っているのかを見ることになります。

 

 

 

プロサーファーと海で一緒になる。なんてことも普通にあるのがサーフィンの凄いところです。

野球やサッカーなら、プロが近くで練習しているなんて、まずないことですから、どんどん上手い人から学んでいきましょう☆