「挑戦することは素晴らしい」山本先輩のブログ

本田圭佑選手⚽️ が大好きな男、山本先輩が「挑戦することの素晴らしさ」を伝えたいをテーマに、主にサーフィン初心者に特化した、お役立ち記事を書いています。

上手い人はなぜ簡単に波に乗っていくのか?

こんにちは!サーフィンを通じてあなたのチャレンジ精神に火をつける山本先輩です。

 

 

f:id:ouenjinsei:20160918225211j:plain

 

 

今日は先日いただいた、以下のような質問に僕の経験からお答えしたいと思います。

 

 

【質問】

パワーのない小波でもテイクオフできる人がいますが、どうやったらできるのでしょうか?コツはなんでしょうか?できる人を見るたびにできなくて悔しくなります。

 

 

 

【僕の経験からの答え】

 

結論から書きます。それは圧倒的にパドル力が違うからです。

勿論テイクオフの技術にも違いはありますが、それよりも乗れる波を見つけてからの動きだしです。

 

そのような人と同じ波を追っても、ボードに立ち上がる前に既に勝負はついていると思ってください。

 

 

テイクオフの動作に入るまでに十分な加速ができているから、上手い人は楽にすぅ〜っと波に乗っていくことができるんです。

上手い人のテイクオフってすごくリラックスしていますよね。

 

また、テイクオフするポジションが分かっていれば、「波の力でテイクオフできるのでパドル力は必要ない」という理論は初心者がわかる理論ではなく、中、上級者の理論です。

 

経験があるからこそのテイクオフ技術ですから、初心者のうちにそのような波を選ぶ目と、テイクオフ動作の技術を習得することはほぼ不可能だと思ってください。

 

 

まずはしっかりとパドリングで波を掴まえることができようになるのが、レベルアップの第一歩です。

 

 

 

僕は波がとろくて、パワーの無い波の日が多い湘南でサーフィンを始めましたから波に置いていかれることが本当に多かったです。

 

 

そんな時、質問者の方のように上手い人は同じ波にも関わらず何であんなに楽に波を掴まえて乗っていくのだろうと思っていました。

 

 

正直、パドル力も違うのかな?とは思っていましたがどちらかというと自分の波選びが悪いとか、テイクオフのポジションが悪いとか、そこにばかり意識がいっていました。

 

 

正直、パドリング力が圧倒的に違うという意識は当時はありませんでした。

 

何となく分かってはいたけど、パドルだけの練習をするのが嫌で目を背けていたのかも知れません。

 

 

しかし、サーフィンを始めて15年経ったいま、やっと分かったんです。

 

 

上手い人やプロサーファーは週一回だけのサーフィンではなく、海に入る回数も違う。

 

だからこそパドル力が圧倒的に違う。

 

 

プロサーファーはパドリング力を鍛えるトレーニングをちゃんとやっているんですよね。

 

 

パドリング力を鍛えるだけの練習は、はっきり言って海の上でランニングする感覚に近いです。

 

例えば僕は10分間とにかくパドルし続けるトレーニングなどを波の無い日はやっています。

楽しいかと言われればつまらない。

そして辛い。。。

 

 

でもパドルトレーニングの効果は割とすぐに実感できるのでやっています。

 

 

海に入っていても、波待ちしている時間が長い日ってありますよね。

 

浮かんでいるだけの時間は勿体無いです。

そんな時もちょこちょこパドルして,、とにかく波を追うことです。

 

f:id:ouenjinsei:20161018191824j:plain

 

 

なかなかセットが来なければインサイドの波に戻って小さめの波に乗ってみたり、右に行ったり、左に行ったり、できるだけ動き回るようにしましょう。

 

そうやっていくと、どんどんパドルが早くなっていきますから。

 

 

周りのサーファーが波待ちしていても波が来なければパドルしてください。

 

海に入っている時間の大半の時間を浮いているだけというのは実に勿体ないです。

(週末しか海にいけない僕のようなサーファーは特にそう思います) 

 

上手くなりたければ人よりパドルしてください!

 

 

 

 

あとよくある勘違いで「テイクオフが早い」という表現のボードを選べば沢山波に乗れると思ってしまうことも気をつけて下さい。

 

 

これは初心者の頃に僕がそう思っていたことでもありますし、非常に勘違いしやすいです。

 

 

ショートボードとロングボードくらい浮力が違うならまだしも、同じショートボードで厚みがあってテイクオフが早いボードというのは十分なパドリング力があるからこそ、そのように乗ることができるボードなんです。

 

 

具体的にいうと5.10の普通のショートボードから「アルメリック」のPodというモデルに乗り換えたんですが、浮力が大きくなった分、ドルフィンスルーで潜るのが辛くなったと感じたくらいで大して波に乗る本数も変わらなければ、サーフィンが劇的に上達するなんてこともありませんでした。

 

 

 

プロの中には自分の体重に適正と言われるボードの浮力より、わざと浮力を落としたボードに好んで乗る方もいます。

これも十分なパドル力があるからこそ行き着く境地だったりします。

 

 

15年も経った今だから思うサーフィン上達への近道は、基礎であるパドリング力を普段から高めておくことです。

 

 

これはテイクオフの練習をしている初心者の頃からでもできることですし、技術は必要ありません。

 

 

 

いざ波に乗り、テイクオフ動作に入る時にはリラックスした状態で波に乗れるように、パドリング力アップのための練習を行いましょう。

 

 

サーフィンの上達に向けて、皆さんが僕のような遠回りをしないように☆

 

 

 

山本先輩がやっている初心者の為のサーフィンスクール情報はこちらから

オンショアの波での練習方法

こんにちは!サーフィンを通じてあなたのチャレンジ精神に火をつける山本先輩です!

 

 

今日は先日頂いた質問、

オンショアがビュービュー吹いて「バシャバシャした海」での練習はどんな練習があるのか、という質問にお答えするブログです。

 

f:id:ouenjinsei:20161108012639j:plain

 

 

オンショアの波といえば、南風がオンショアとなる夏の湘南などにはありがちなコンディションです。

 

 

オンショアの強さにもよりますが、通常ならウネリとなって届くはずの波も風に潰され、砂浜に近い(インサイド)ところでどんどん崩れてきます。

 

 

これを風波とも言いますが、風波ではこのようにどんどん崩れて「波数の多さ」となり、初心者の頃は沖に出ようとしてもこの波にみんな必ずやられます(笑)

 

 

一度オンショアの波にやられると初心者の頃は特に、入りたくなくなる波。

 

 

まさに悲劇の波ですよね。。(砂浜でも砂嵐の目に遭うし。。)

 

 

 

このような日は正直、気合いが必要です。 

 

 

注意点としては、風により潮の流れなども発生するので練習に夢中になって、いつの間にか入った場所から大きく流されてしまうこと。

 

 

流されることに注意を払いながら、初心者の方にチャレンジしてほしい練習として

 

 

①インサイドで崩れる波のスープを利用したテイクオフ練習。

 

 

波数が多いのでボードに跨ってゆっくりと波待ちという訳にはいきません。

 

 

波を見極めて、タイミングを図り、ボード上に腹ばいで飛び乗るようにして波に乗る必要があります。(これも練習ですね!)

 

 

波に乗れたならテイクオフ動作に入り、ボードの上に立ち上がります。

 

 

 

 

②アウト(沖)に出る練習(パドリング力の強化)

 

 インサイドで崩れる波に押し戻される難関に立ちむかう、まさに気合いがないとできない練習です。

 

 

サーフィンがストイックなスポーツだということを思い知らされる瞬間がこれです。

 

 

10分以上、パドリングしっぱなしの覚悟を持って挑んでください。

 

 

ドルフィンスルーはできますか??(普段穏やかな波で練習しておきましょう)

 

 

これはドルフィンスルーの技術が試される時でもあります。

 

 

パドルしてはドルフィンスルー、海面に上がったらまたすぐに漕ぎ出す。

これを繰り返すことになります。

 

 

目に入りこむ海水を手ではらっている暇すらないと思ってください。

 

 

目を閉じたままでもとにかく漕ぐ。

 

 

必ず波が穏やかになる瞬間はきますから、そこでいかに先に進めるかです!

 

 

この瞬間を逃さず、「ヌォぉ〜!!」と叫びたくなるくらい漕いでください。

(僕も今まで何度も叫んできました)

 

 

 

※ポイントによっては潮の流れを使って比較的簡単に沖に出る潮の流れ(カレント)がある場合もあります。これは波を見る目がないと最初は分かりづらいですから、他のサーファーが沖に出て行くルートを見たりして学びましょう。

 

 

f:id:ouenjinsei:20161108012727j:plain

 

③沖に出たなら別世界が待っている。

そこでは波を見極める練習。

 

 

野球でいうストライクとボールを見極める選球眼ならぬ、乗れる波を選ぶ「選波眼」を鍛えることにもってこいです。

 

 

オンショア(風波)は波の予測が難しく、目の前に突然ポコン!っとブレイクする波が出てきたり、乗れるかと思えば波が厚くなってしまい波が消えてしまったり。。。

 

 

テイクオフ後も波が読みづらい状況ではありますが、掘れた波、厚い波が現れるので色々な技の練習ができる波です。

 

 

こんな日の海は僕の経験上間違いなく空いています。

 

なので人を気にせず色々と練習できる日です。

 

 

今日は掘れたセクションでリッピングする!

 

厚くなりそうならカットバック!など割り切って練習するのが良いでしょう。

 

 

f:id:ouenjinsei:20160907003535j:plain

 

 

 

山本先輩が教えるサーフィンスクールのページはこちら

悪い波でも海に入る大切さ

こんにちは!サーフィンを通じてあなたのチャレンジ精神に火をつける山本先輩です!

 

 

今日は自分の好きな波(良い波)だけでなく、色々な波に入ってみることが大事ですという話です。

 

 

f:id:ouenjinsei:20161025224020j:plain

 

サーフィンしていると当然ですが良い天気に、良い波、ばかりとはいきません。

 

 

波が悪くても天気やロケーションが綺麗だとまだ気持ちが上がりますが、さすがに雨、強風、なんとか波乗りはできる。みたいな日に当たることも必ずあります。

 

 

僕のような週末サーファーなら尚のこと、行った先の波がイマイチでも入るしかないということが多々あります。

 

 

 

台風のようにしっかりとしたウネリのある大きな波。

 

オンショア、ドン吹きで波数も多くアウトに出るのも一苦労という波。

 

波が小さすぎて、「チーン」という終了音が聞こえそうな海。

 

 

 

そんな時はどうするか?

 

 

 

危険を冒し自分のレベルを超えた海に入ることは絶対にやってはいけませんが、色々な表情の海に入り、体感してみることでわかる事、レベルアップできる事は沢山あるんです。

 

 

小さい波の日はアウトに出る事は簡単。

 

 

それが一変して「波の大きい日」「波数が多い」日などは波に押し戻され自然の厳しさを教えられることになるでしょう。

 

 

 

そんな日は波に乗るというより、どうしたら波をかい潜りアウトに出れるかを考える日になる。

 

自分のドルフィンスルー技術がどの程度なのかを試す絶好の日でもある訳です。

 

 

アウトに出るまでにパドルの体力が尽きて、もうダメ。。となるならパドルトレーニングの必要があります。

 

 

 

 

潮の流れ(カレント)を利用して出れる場所はないか?

など、海を見て、実際入って試してみる。

 

良い波ではできない勉強をできる日でもあります。

 

間違いなくそんな日は海も空いてますし。

 

 

 

 

 

今日は辛いなぁ!と思える海で練習することで、良い波の日が余計に愛おしく感じる事ができます(笑)

 

 

 

せっかく海に来たなら、その中でどんな練習ができるかを考えて練習しましょう。

 

30分で上がりたくなるようなコンディションの日に僕も入ってきました。 

 

良い波、悪い波。

 

 

初心者サーファーの頃は波の違いについて認識するのも難しいと思います。

 

 

でもこれって色々な表情の海に入るから分かってくることです。

 

 

神様と言われる超有名サーファー「Kelly Slater」(ケリースレーター)もどんな天気だろうと、誰も入っていないような海でも彼はそこで練習していたと地元の方の逸話があります。

 

 

入ることのできるポイントが限られていても関係ないってことですね。

 

 

様々な波でのサーフィンにチャレンジしてみる。

 

 

そこで得られるものはは確実にありますから、とにかく挑んでみることが大事です。

 

 

「 今日は波良くないなぁ〜」は、何ができるか考えよう!ってことですね。

 

 

サーフィン初心者の皆さん、いよいよ冬の足音が聞こえてきた気がしますが、ここから頑張りましょう!

サーフチャレンジの感想(in千葉南エリア)

こんにちは!サーフィンを通じてあなたのチャレンジ精神に火をつける山本先輩です!
 
 
全9回のレッスンで自力で波に乗り、自力でボードに立つことを約束したレッスン。
それが山本先輩サーフチャレンジです。
 
 
生徒さんからの感想文が届きましたのでご紹介します。

f:id:ouenjinsei:20161018191824j:plain

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
サーフィン 感想文(7回目/全9回)
 
2016/10/8 土曜日
 
練習した海: 千葉県南房総市 千倉ポイント
 
波のサイズ :腰〜腹
 
波の特徴…オフショアの風が吹く、面ツルの波
 
天気:雨のち晴れ
 
 
今回も前回の鴨川に続き千葉県の海でサーフィンをすることに!
 
 
南風が吹いているため、南風がオフショアとなる南房総市の千倉というポイントを目指した。
 
 
オフショアの風とは、浜から沖に向かって吹く風をいう。波は沖から浜に向かって来るため、オフショアとなる風が吹くときは波の面がツルツル(面ツルという)になり、サーフィンしやすい波ができやすいのだ。
 
 
南房総市にはいくつもサーフポイントがあるため、まずは波の状態や混雑具合をみて選別した。
 
山本先輩から教わったサーフポイントの一部を紹介すると、
①白渚(しらすか)、読み方が特徴的。千葉南の波乗り道場と呼ばれているポイントらしい。
 
 
②花籠(はなかご)
ゲート式機械が付いた有料駐車場。温水シャワー小屋も付いており便利。
 
 
③千歳(ちとせ)、2つある有料駐車場が特徴的。
海底がビーチ(砂)とリーフ(岩)が入り混じっていて地形の変化が少なく、コンスタントに波が立つ。
 
 
④千倉(ちくら)、千歳から車で5分程南下した場所にある。
南風がオフショアになりこの日も千歳より波は小さく、まとまりのある波だったため多少混雑気味だった。リーフではなく、砂浜。
 
 
複数のサーフポイントについて、波の特徴、駐車場の場所、岩があるなどの危険情報を知っておくことで初心者でもサーフィンする場所の幅が広がるのだ
 
 
ポイントを流し見ながら、千倉は最も波の状態が良かったが、その分混雑していたので、この日は人の少ない千歳に入ることにした。
 
 
混んだ場所で人を気にしてのサーフィンでは練習にならないという判断で、多少波が悪くても千歳ということだった。
 
 
本日の目標はついにテイクオフ!!
 
テイクオフとは、ボードに横ばいになった状態から立ち上がる動作をいう。
テイクオフの練習は陸の上でできるため、30分ほどまずは砂浜でレクチャーを受けた。
 
テイクオフの動作を分解すると、
①背筋と腕を使い身体を起こす。
②前足を①で空けたお腹とボードのスペースに引き込む。
③後足に重心を移動させ、ガニ股のような格好でしゃがみこむ。
 
 
【ポイント】
1.ストリンガーというボードの中心線の上に前足、後足を置くこと。
 
2.しゃがみこむ姿勢の時、後足のかかとをしっかりボードにつけること
(ぼくは最初、後足がつま先立ちになっていた)
 
3.しゃがみこむ姿勢の時、前足で身体を支えるのではなく、後足の踝(くるぶし)から内腿で身体を支えること。
(前足を引き込むと同時に、骨盤をボードに着くくらい下げる意識で、しゃがみこむと上手くいった)
 
コツは低く、早く!(ジャンプするという意識ではない)
 
 
次は、海に入りテイクオフを練習することに。
ついに千歳の海へ!
 
 
千歳の海は、この日は潮が引いており波打ち際にリーフ剥き出しのため、滑らないように注意が必要だった。そして波は肩頭サイズ。。でかい。。。
 
 
潮の流れもキツくインサイドの波数の多さから沖に出ることなく30分でギプアップ!
 
 
海の厳しさを改めて確認したところで、山本先輩の判断で混雑してはいたが波が小さく波の良い千倉に移動することにした。
 
 
千倉では、混雑を避けるため、ポイント最右端の人が2〜3人しかいない場所で波を待つことに。
 
 
メインの場所と端っこの場所では、波の高さ・長さ・波が来る頻度も異なっていた。
 
 
ぼくのような初心者がメインの場所で待っていても、上級者に波を取られてしまうため永遠に波に乗れない。
 
そのため、端っこの場所でたまに来る波を確実に捕まえた方が練習になる。
 
3本波を捕まえたが、テイクオフ動作が遅れしゃがみこむことすらできなかった。
 
 
 
悔しいので来週までに、自宅でテイクオフ動作の練習を毎日10本やることに決めた!
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 
どうでしたか??これはサーフチャレンジ第7回の感想です。
この前の回の練習も千葉県の鴨川市にあるシーサイドというポイントでサーフィンし、2回目の千葉でした。
 
 
千葉南方面の海は湘南に比べて、インサイドがいきなり深くなっておりアウトでウネリから立てるくらいのレベルで行く方が楽しめるポイントが多いです。
 
今回練習を行った千倉は夏場海水浴場にもなっている場所で、初心者向きの場所でもありますが波が良いと駐車場も小さく、混雑しがちです。
 
 
チャレンジャーの2人は今まで練習していた湘南の波とのパワーの違いを肌で感じたと思います。
 
千葉県は数々のプロサーファーを輩出し、日本でも超有名なサーフィン県です。
過去には世界大会なども行われています。
 
 
場所による波質の違いを感じることもサーフィンでは大切な勉強になりますし、ロケーションの違いでテンションも上がります。
 
ちなみに僕が過去2回行ったハワイの空気感は最高でした♪( ´▽`)
アロハ〜って言いたくなりますよ。
 
 
 
サーフィン初心者の皆さん。
ぜひ、色々な場所でサーフィン出来るように頑張りましょう☆

「柔道、野村忠宏」から仕事と人生で大切なことを学ぶ

こんにちは!サーフィンを通じてあなたのチャレンジ精神に火をつける山本先輩です!

 

 

今回は武井壮さん著の『勝つ人 13人のアスリートたち』の中からオリンピック柔道60Kg級を3連覇した野村忠宏さんとの対談を読んで感じた思いを書きます。

 

 

この対談を読んで、スポーツってなんでこんなに仕事や人生に通じているんだろうと思わずにはいられなかった。そんな内容です。

 

 

f:id:ouenjinsei:20161007064155j:plain

 

 

 

◼︎えっ!マジすか?

 

 

なんと野村さんは子供の頃から運動神経は悪く、陸上も球技も体力測定をやっても結果はひどいものだったそうです。

 

体も小さく中学入学時に体重32キロ、高校入学時も45キロしかなかった。(ちなみに我が家の長男10歳、28キロ)

 

 

 

現役時代から超いい体をしていたことから鍛えに鍛えまくってるものだと思っていた野村さん。

 

f:id:ouenjinsei:20161006124846p:plain

 

 無駄な筋肉をつける意味での鍛え方は特にしていなかったこと。

それでこの体は半端ない。男なら誰しも憧れる身体です!

 

 

 

 

しかし、握力は僕と同じ40Kgしかない。柔道って腕力勝負だと思ってましたが、それでもオリンピックを3連覇してしまうなんてすごいですよね。(30代、男性平均は48Kg)

 

 

柔道でオリンピック3連覇するのにスーパーボディは必要なかったってことですね。

 

 

 

 

◼︎なぜ勝てたのか?

 

 

 

 

やっぱり成功する人は諦めないんです。

 

 

野村さんは子供の頃から柔道が弱かった。

 

それでもたまに自分より体の大きい相手を背負い投げできることがあり、今辞めたらもったいない。

 

これを磨き続けて、本気の努力を続けた先に可能性があるんじゃないかって思いながら柔道を続けたそうです。

 

ようやく結果が出たのは高校3年時。

 

県大会で優勝し、その後行われた全国2位に。

 

 

そのまま順調に頭角を現して行ったのかと思いきや、またこの後は勝てず。

 

 

大学時代でも校内予選で敗退してしまうくらいの実力しかなかったんです。

 

 

 

そんな野村さんが勝てるようになったのは「たぶん身体の使い方が上手かったから」と話しています。

 

 

子供の頃から投げられてばかりで、投げられるのも練習と言われるけど、もう投げられたくないと相手にしがみついたり。

 

 

中途半端な投げでも絶対離さず、相手の背中が畳につくことに固執した。

 

 

それをずっと繰り返しているうちに体に浸みこんでいったとのこと。

 

 

 

 

 

 

◼︎諦めなかったからこそ、見えてくるものがある。

 

 

野村さんの諦めない姿勢、本当に勇気がもらえる内容でした。

 

 

僕はサーフィンを始めたいと思っている人や、始めたけど何かに躓いている初心者の方を応援したいと勝手に思っている。

 

 

それはチャレンジすることをやめてほしくないから。

 

 

サーフショップを営んでいなくても、プロサーファーの肩書きがなくても僕にはそれができるはず。

 

 

今は僕の存在なんてほとんど知られていないけど、コツコツと続けていけば必要としてくれる人が現れる。

 

 

そうやって少しづつ、僕の周りに笑顔で波乗りしている人が増えていく♪( ´▽`)

 

 

そんな未来がハッキリ見えてしまっているからこうしたブログも書いてしまう。

 

 

平日は会社員しながらも止まらないんです。

 

 

 

 

 ◼︎一流の練習方法を応用してみる

 

 

これも非常に興味深い内容でした。

 

野村さん、武井さん二人が言っていたのは練習時間。

 

 

二人とも時間ではなく、「質」にこだわっています。

 

 

武井さんの陸上の場合、今は一日1時間だけの練習にしている。

なぜなら陸上は自己ベストを出す競技。

 

 

5時間も6時間も練習したり、何百m×何本という時点で100%を出せる練習じゃない。

 

 90%の練習をするよりも。101%の力を出そうとする時間がどれだけ長いかが大事と言っています。

 

 

 

野村さんも世界戦の決勝は5分で腕がパンパンになり、息が上がって肺も痛くなる。

それだけハードな5分なんだと言っています。

 

それを乱取り6分×15本とか「できるか!」って思っているそうです。

 

 

それに気づいたのも恩師の方から「試合は何分だ?」

 

「今は1時間半やれる練習しかしてないだろ、15分〜20分で休んでいいから常に試合を意識して練習だと思うな、とことんやれ!」と言われたことがきっかけだそうです。

 

そこから練習方法を変えて、全日本チャンピオンにもなれた。

 

 

2人とも短時間、練習の質にこだわって結果出してます。

 

 

サーフィンも海に入るとダラダラと2、3時間やってしまうことがあります。

 

今日は1時間くらいしか入れない。それでもその中でできる練習は必ずあります。

 

波がなくても絶対にできる練習は、ひたすらパドリング練習。ほぼただのトレーニングに近いか(笑)

 

でも1時間もパドリングを続けたら、短い時間で身体がとんでもなく疲れます。

 

これを練習すると決めて、それに徹した1時間は長いです。

 

 

 

 

 

2人の考えを仕事に当てはめると、本当に働き方は変わる気がしています。

 

今の日本のサラリーマン社会はまだまだ「長時間労働=成果につながる」という意識から抜け切れていません。

 

みなさんの周りを見渡してみれば分かりますよね?

 

一日、8時間労働を4時間にして同じ結果出そうとか本気でしている人っていますか?

 

僕の実感では全然いません。

残業することが大前提で出社している人の方が圧倒的にが多いです。

 

 

ちなみに短い時間で働いて、結果は出して、給料も上げてもらって、自分の時間も手に入れようぜ!って会社で本気で言って、会社の中で異質な人に扱われているのは僕です。

 

まぁ気にしないけど♪( ´θ`)ノ

 

 

話が脱線しましたが、とにかく常識に囚われてしまうことって怖いです。

 

 

野村さん、武井さんのお話から今の自分に取り入れられることが何か感じられましたか?

 

 

自分の人生のレールの上を歩けるように。

 

敷かれたレールだけを見て、それが自分の人生だと思い込むようなことだけはしたくない。

 

 

僕はまた改めて思ってしまいました。

 

やっぱり他人の人生じゃなくて、自分の人生を歩かなきゃね☆