「挑戦することは素晴らしい」山本先輩のブログ

本田圭佑選手⚽️ が大好きな男、山本先輩が「挑戦することの素晴らしさ」を伝えたいをテーマに、主にサーフィン初心者に特化した、お役立ち記事を書いています。

サーフィン道具は一体いくらあれば揃うのか?

こんにちは!サーフィンであなたのチャレンジ精神に火をつける山本先輩です!

 

 

今回は『サーフィン始めるのにいくらかかるの?』という内容について書きます。

 

 

高そうだなぁ・・。と思われる方いますよね。はっきり言います!

実際道具の中で高いのは、以下の2つ。

・サーフボード

・ウエットスーツ(季節に合わせて種類があるが、冬用が一番高い)

 

 

新品なら最低でもサーフボードで5万円弱、ウエットスーツ(冬用)も5万円程度はします。これだけで約10万円はかかってしまい、初期費用としては決して安いとは言えません。

(実際はこれ以外にも足とボードをつなぐ、リーシュコード(3千円前後)なども必ず海の中では必要ですし、滑り止めのワックスなどその他の小物も必要になります)

 

 

ただ、あくまでもこれは「新品」で揃えた場合。

 

 

これから始めるあなたに伝えたいことは「最初は中古で十分ですよ」ということ。

 

中古ボードや中古ウエットスーツなどは、サーフショップや有名リサイクルショップでも売っていますし、インターネット上でも手に入ります。

 

ちなみにリサイクルショップのブックオフの店舗内にある中古サーフボードの品揃えは結構すごいです。これだけの中古ボードを置いてあるサーフショップはまずありませんので、一度お近くの店に行ってみると良いです。

見るからに古めかしい数千円〜10万円くらいする新品同様のものまでありますよ。

ただし、傷の付いたボードも補修なしに売っていたりするのでそこは要注意です

(サーフボードは繊細な物で、ぶつけた場所から水が入ってしまうと最悪使い物にならなくなります) 

水が入るような傷の無いものを選ぶか、傷があってもしっかりと補修した上で使いましょう。

 

 

 

またインターネットでのサーフボードやウエットスーツの購入について、基本的にあまりおすすめしません。

なぜなら、ボードの状態も分かりづらいし、ウエットスーツも着てみなければ自分の体型に合うか、合わないかが分かりません。

インターネット上で中古を買っても良いかなと思うのは、実物を見たことがあるサーフボードと同じものを買う場合くらいでしょうか。

 

 

 

また、サーフボードを選ぶ際、初心者に向いているはボードは一般的にボードの安定感を出す意味でも長さ、幅、厚みのあるものを選んだ方が良いとされています。

 

サーフボードの定義

ショートボード(長さ9フィート未満)

ロングボード(長さ9フィート以上)  

※9フィート=約2.74m

 

ショートボードはクイックな動きのあるサーフィンをしたい方。

(ショートの上級者は波をジャンプ台代わりにしてエアー技まで繰り出しちゃいます)

 

ロングボードは優雅な感じでライディングしたいという大人なあなたに向いています。

 

ボードは短く、厚みも薄くなればなるほど上級者向けのボードになっていきますので、初心者にとっては難しいボードということになります。

 

サーフボードを買う際は、経験者かサーフショップ店員に一度相談することをお勧めします。

 

自分がどういうサーフィンしたいかで、ショートorロングを選択することになりますが、どちらにせよ最初は見た目にこだわらず中古品で十分です。

初めて手にした運命のボードの上に、完璧に立ち上がれるくらいまでは頑張ってみましょう。

 

 

ざっくりですが、中古品で安く揃えれば3万円くらいでサーフィンは始めることが可能です。

 

僕の場合は最初180センチくらいのショートボードを友人から借りて、ウエットスーツも古くなったものをもらいましたので、他に小物を買ったくらいで安く済ませることができました。

 

最初は道具に拘らずに、借りたり、もらったりすることができるのであればそれを使うということで十分でしょう。

 

 

 

 

 

次回はサーフボードやウエットスーツ以外に、どういう物を先輩サーファー達が持っているのか?

 

僕の持っているサーフィン道具リストについて書きたいと思います。