「挑戦することは素晴らしい」山本先輩のブログ

本田圭佑選手⚽️ が大好きな男、山本先輩が「挑戦することの素晴らしさ」を伝えたいをテーマに、主にサーフィン初心者に特化した、お役立ち記事を書いています。

空気を読む

こんにちは!サーフィンであなたのチャレンジ精神に火をつける山本先輩です!


サラリーマンしているとこんなことありませんか?

 

会議で新たな仕事の話などが出て、それを話している上司以外のメンバーは心の中ではどこか納得していない様子。

 

 

 

でも本当に皆がそう思ってるかは分からないし、「空気を読んで」場を乱さぬようにしておこう。

 

 

他に質問すら出ない。

 

 

 

そして会議はすんなり終了。

 

 


会議が終わってから、メンバー間で「さっきの話なんだけどさぁ、おかしくない?」のような会話になる。

 

 


「空気を読む」って心の中では何か思ってるけど口に出さない。のように使われてる場合が多いと思いますが、この場合は何かおかしいですよね。いやおかしい!

 

 

 

このような会議の場合、周りの空気を読むってことは「恐れずにその場で意見を言う」ってことだったり、分からないことは「その場で聞く」ってこと。

 

 

 

 

 

勿論、意見はただ反対するのではなく建設的な意見であることが前提ですが、それすらも言わない場面が多すぎる。

 

 

 

 

結論、山本先輩が何が言いたいかと言うと、このような場面になったら「空気なんか読むな!」

 

 

しっかりと意見を言うことが、空気を読むってことも沢山あるよねっていうこと。