読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「挑戦することは素晴らしい」山本先輩のブログ

本田圭佑選手⚽️ が大好きな男、山本先輩が「挑戦することの素晴らしさ」を伝えたいをテーマに、主にサーフィン初心者に特化した、お役立ち記事を書いています。

チャンスを掴む方法

こんにちは!サーフィンであなたのチャレンジ精神に火をつける山本先輩です!

 

 

今日はチャンスを掴む方法について、僕の中で効果のあった方法を書きたいと思います。

 

 

「なんかいいことないかな〜」誰でも口走ってしまったことのあるこのフレーズ。

 

 

なんかいいこと=チャンス

 

以前何かの本で読み、今僕が思うチャンスとはどういうものか。

 

 

 

チャンスは天から吊るされた糸で、実はそこいら中に垂れ下がっている。

ただ、ほとんどの人にその糸は見えていないだけ。

 

 

僕にとってのチャンスはこの感覚に近いです。

 

この感覚でいるだけでも、下なんか向いていられなくなります。

 

だからとりあえず、僕は歩くとき下を向いては歩きません(笑)

 

 

 

 

チャンスの糸は見えないけど、人との出会いがチャンスだったり、新たな知識を手に入れると見えてきたり、ピンチはチャンスなんていう言葉通りに目を背けたくなるものだったりします。

 

 

 

あなたにも振り返ればそんな経験が必ずあるはずです。

 

 

 

そしてそんな経験をした時、全てにおいて何か「行動」している自分がいるはずです。

 

 

僕が一生続けたいと思うサーフィンに出会ったのも、友人に誘われて実際にサーフィンをするという行動に移したから。

 

 

 

 

さらに今、通っている起業塾はチャンスが見えるようになる知識をどんどん与えてもらっているような感覚の場所です。

 

これだって、どんな人たちが来るか分からないけど一人でもセミナーに行ってみよう!という行動を起こしたのが一歩目でした。

 

 

 

そんな中、チャンスを掴むのに効果的だと最近実感したことがあります。

 

それは「言葉にして口に出すこと」。

 

 

今僕が最もやりたいことで、『サーフィン未経験者が3ヶ月間でボードの上に自力で立ち上がる』練習プログラムというものがあります。

 

 

僕がやりたいことは人に教えるということなので、やりたいと思っても一人ではできません。

 

 

でもやりたいことを口に出していたら、なんと2名のチャレンジャーが現れてくれたんです。

 

ついに今週末からは、この2名の方にプログラムを体験してもらう予定です。

 

 

 

こうやって何かが起きていくことにワクワクしますし、チャンスって待ってるだけじゃ来ないんだなと思いました。

 

 

 

こうやってブログを書くことも口に出していることに近いので、続けていたら何か変化が現れるかもしれません。

 

 

仕事でもプライベートでもやりことがあるなら、「口に出して言ってみよう」

一度や二度じゃなく、何度も何度も言ってみよう。

言い続けてみる。

 

 

自分の耳にも入るので、言ってる自分は行動を起こさずにはいられなくなり、きっとチャンスが現れます!