読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「挑戦することは素晴らしい」山本先輩のブログ

本田圭佑選手⚽️ が大好きな男、山本先輩が「挑戦することの素晴らしさ」を伝えたいをテーマに、主にサーフィン初心者に特化した、お役立ち記事を書いています。

サーフィンに必要な技術「ドルフィンスルー」

サーフィン初心者

こんにちは!サーフィンであなたのチャレンジ精神に火をつける山本先輩です!

 

 

今日は数あるサーフィン技術の中でも、やっている人以外には知られていない技術ドルフィンスルー(ダックダイブとも言います)について書きたいと思います。

 

 

ボードに立ち上がっている時の技ではなく、パドリング中に自分の元へ押し寄せてくる波をかい潜る為の技術です。

 

f:id:ouenjinsei:20160802234234j:plain

 

 

この写真見てください。かっこいいでしょ〜!

 

 

 

ボードの上に立ち上がっていない時以外でも、サーフィンってこんな技も必要なんです。

 

 

 

ドルフィンスルーの手順としては、

 

1、ボードのノーズ(先端)を沈める。

 

ボードのレール(両脇)を掴み腕立て伏せの要領で腕に体重を乗せてノーズを沈めます。ポイントはできるだけ深く潜ること。

 

 

 

2、ノーズが沈んだらボードのテールを沈める

 

片足のつま先か片膝でテールを沈める動作に入ります。腕に乗せた体重を今度はつま先か片膝に移動しテールを海中へと沈めます。

 

ここまでの動作が終了した時点でボードは全て海中へと潜り、海面と平行になっているイメージです。

この時、押し寄せた波があなたの背中越しに通り過ぎていくのです。

 

 

3、ノーズを水面に向ける

 

波があなたの上を通り過ぎた直後、体重をテール寄りにしていれば自然とノーズが水面を向きますからそのままボードの浮力で海面へと戻ります。

冒頭の写真が丁度海面へと向かっている体勢の写真になります。

 

 

一連の流れで考えると一瞬ボードは平行になりますが、Vの字を描くイメージです。

 

 

 

 

 

ドルフィンスルーは波の動きを予測して、波が自分に到達するタイミングを確かめながら早めの動作を心掛けると良いでしょう。

 

 

波がない日でもドルフィンスルーの動作は練習できますから、パドリングでスピードをつけて波が押し寄せるイメージをしながら何度も繰り返し練習しましょう。

大きな波になればなるほど、沖に出るためのこの技術が大切になってきます。

 

 

 

また、ドルフィンスルーで海中に潜っている最中、目を開けているか?閉じているか?と聞かれることがあります。

 

答えは海の水が綺麗なら開けた方が気持ちいいです。

 

決して水が綺麗ではない場所や、コンタクトレンズをしてサーフィンする方もいますから、目を閉じていても特に問題はありません。

 

 

初心者の頃はボードの上に立つことだけに意識がいきがちですが、この技術は絶対に無視できません。初心者の内から意識して練習しておきましょう!