読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「挑戦することは素晴らしい」山本先輩のブログ

本田圭佑選手⚽️ が大好きな男、山本先輩が「挑戦することの素晴らしさ」を伝えたいをテーマに、主にサーフィン初心者に特化した、お役立ち記事を書いています。

思い込みってあるよね、という話

プライベートの山本先輩

こんにちは!サーフィンであなたのチャレンジ精神に火をつける山本先輩です!

 

 

今日は長女、次女の誕生日記念に近場の公園に行ってきた話を書きます。

 

 

今日行った公園は、家から車で15分〜20分程度と近場にある公園でしたが、社会人になったばかりの頃、毎年会社のマラソン大会を走らされた場所という、どちらかというとマイナスイメージの公園でした。

 

 

 

ただ、今日行ってみると園内は広くてプールからサイクリング、牧場での動物との触れ合いから足漕ぎボートと様々な遊びが体験できる公園でした。

 

 

 

中でも、長男と二人チャレンジした宝探しゲームは暗号を解きながら、園内を歩きまわるのですが、中級コース(小学校中学年向け)標準クリア時間1.5時間の所を本気でやっても3時間もかかってしまうほどの難しさでした。

 

 

宝探し中は家族で長男と僕だけで別行動していたのですが、二人であっちだこっちだ言いながら僕の方が推理を間違えて息子に「だから言ったじゃないか!」などのやりとりもしつつ、最後に宝箱を見つけた時はちょっとした感動すらありました。

 

f:id:ouenjinsei:20160806003812j:plain

 

 

 

 

 

その後は妻たちと合流して、長男、長女と足漕ぎボートにチャレンジ。

これも予想以上に池が広くて、ちょっとTDLジャングルクルーズみたいな雰囲気で面白かったです。

 

 

また、今までなら怖がって一緒に乗ってくれないはずの長女が、小さいながらに一生懸命足漕ぎしているところを見ると成長を感じて一人嬉しくなったりしていました。

 

 

f:id:ouenjinsei:20160806004356j:plain

 

 

 

今日は休日出勤した分の振替休日でしたので、近場の公園に行こうという感覚で選んだ行き先でしたが、結果的に若い頃の僕にはマイナスイメージの公園が実はこんなに楽しめる場所であったことに、自分の思い込みって怖いなと思わずにはいられませんでした。

 

 

 

今回は家族で来た。という自分の変化も大きかったとは思いますが、まだまだ近場でそういう場所があるので今度また家族で行ってみようと思います。

 

 

あなたにも僕のように、「当時の記憶にとどまる場所」ってありませんか?

 

 

再訪してみるとそこは新たな発見や、ちょっとした感動まで味わえる違う場所に感じることができるかも知れません。