読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「挑戦することは素晴らしい」山本先輩のブログ

本田圭佑選手⚽️ が大好きな男、山本先輩が「挑戦することの素晴らしさ」を伝えたいをテーマに、主にサーフィン初心者に特化した、お役立ち記事を書いています。

波情報サイトとはどんなものか?!

サーフィン初心者 気づき

こんにちは!サーフィンを通じてあなたのチャレンジ精神に火をつける山本先輩です!

 

 

 

今日は『波情報サイト』について書きたいと思います。

 

f:id:ouenjinsei:20160819045728j:plain

 

サーファーあるあるですが、海に行けない仕事の休み時間などに携帯で波情報を見てしまうんです。

 

 

海に行けるわけでも無いのに携帯で波情報を見てしまう。。

 

 

 

この気持ちがサーフィンにはまってしまった人なら分かるはずなんですよね。

 

 

 

そしてその波情報を見て、いつも行くポイントに波があれば「あぁ、俺も海に行きたい!」と思ったり、波が無ければなんだか安心した気持ちになる。。

 

 

 

波情報を提供しているサイトによっても内容は多少変わりますが、共通していることは以下の内容です。

 

・サーフポイントの波の概況

(大きさだけでなく、良い悪いを点数や、◎△×で表してくれています)

 

・風の強さ、向き

 

・ポイントに入っている人数(混雑度)

 

・潮見表

(潮の満ち引きによっても波の状況は変わるため、サーファー気にします)

 

・今後の波予測(当日中、明日、明後日、週末を予測した情報)

 

 

こういった情報が一日に複数回更新されていくのが波情報サイトです。

 

 

 

波情報は基本的に会員登録が必要な「有料」のものから無料まで様々ですが、やはり有料の方が提供されている情報が細かく便利です。

 

 

 

サービス的にもサーフポイントのLIVE動画配信があったり、お気に入りポイントの波が上がるとサイズアップお知らせメールが届いたりと至れり尽くせりです。

 

 

 

全国的な情報が提供されていますので、サーフィン初心者の方はの自分の知らない全国のサーフポイントを知ることもできてとても便利だと思います。

 

 

ただし、そんな波情報を使ってみた僕の実感として注意点があります。

 

 

波情報はあくまでも過去のものとなってしまうため、自分が海に到着したら状況は変わっていた!なんてことも珍しくありません。

 

 

 

また、有料の波情報は提供している会社の方が実際にその海に行って見て、発信しているというのが殆どです。

 

 

波を確認している方の主観も少なからず入ってしまうため、自分が実際にそのポイントで波を見るとその情報よりも波の状況を悪く感じたりすることもあります。

 

 

 

あくまでも参考にする程度で使うとちょうど良いです。

 

 

サーファーならやはり自分で予測できるように勉強していくことも必要ですし、その方がより面白くなります。

 

 

 

天気図から波が予測できるようになり、お気に入りのポイントの波を当てる経験は完全な自己満足ですが当たるとかなり気持ちいいです。

 

 

 

はじめは有料の波情報サイトを使いながら、将来的には自分の頭でも考えられるようになるのが理想的ですね!