「挑戦することは素晴らしい」山本先輩のブログ

本田圭佑選手⚽️ が大好きな男、山本先輩が「挑戦することの素晴らしさ」を伝えたいをテーマに、主にサーフィン初心者に特化した、お役立ち記事を書いています。

どうやってアウト(沖)まで出るか

こんにちは!サーフィンを通じてあなたのチャレンジ精神に火をつける山本先輩です!

 

 

 

 

今日はショートボードでサーフィンする時、どうやって沖に出るのか?について書きたいと思います。

 

 

 

1、ボードは体の横に持ち海に入っていきます。

 

ショート、ロングに関わらずですが、ボードを自分の体の前に抱えて海に入ると、波が来たときにその勢いでボードが自分の顔面にヒットするような位置になってしまいます。

ボードは体の横に抱えて入水する、これ大事です!

 

 

2、水深が自分の体の「腹」を超えたくらいの所になったら、ボードに乗りパドリングを開始します。

 

 

3、沖に出るコツは、自分に向かってくる波がない時にとにかくパドリングして沖に少しでも進むことです。

 

入水前に波がブレイクがしずらいところを見極めておき、そのルートからアウト(沖)に出るようにすると少しでも楽にでることができます。

 

 

『カレント』と呼ばれる、沖に向かう潮の流れを見極めるのは初心者のうちは難しいので、まずは比較的波がブレイクしてないところを探してみてください。

 

 

4、比較的小さい波なら『プッシングスルー』で切り抜けます。

 

『プッシングスルー』とはパドリング中にボードの上で腕を伸ばし、サーフボードと自分の体の間の空間に波を取り込み、そのまま波を通過させる方法です。ドルフィンスルーをするまでもない時にはプッシングスルーを使います。

 

ショートボード、ロングボードボディボード全ての種類で行われている一般的なスルー方法です。

 

大きい波なら『ドルフィンスルー』を使い、波の下を潜り抜けましょう。

 

 

また浮力のあるファンボードやロングボードの場合には、『ローリングスルー』という方法もあります。

浮力が大きいロングボードはドルフィンスルーができないので、サーフボードごとひっくり返ってサーファーはボードの下に潜って波をやり過ごします。

ロングよりは浮力の無いファンボードでも使うときありますし、ショートボードでもパドリングで十分加速ができていない時などに使いますが、フィンを海面に突き出す形になるので、混雑してる場所での使用は十分注意しましょう。

 

 

 

5、波数が多くても、とにかく進む!

風の強い日の海や、低気圧の影響で波がある際は、ブレイクする波の数も多く、どんどん波に押し戻されることになります。

 

ここでパドリング持久力が試されるのですが、きつくても頑張ってください。

(サーフィンを趣味にするなら、避けては通れないつらい部分です。そう、みんな同じ!)

 

 

今日はこの波で沖に出る!という練習目標の日があってもいいくらいにここはサーフィンを続けていく上で本当に重要です。

 

漕いでも漕いでも押し戻されたり、ドルフィンスルーが上手くいかない初心者の頃は沖に出れないという屈辱を必ず味わうことになりますから、筋トレのつもりで海に入りアウトに出れるようになるまでパドリングしまくりましょう。

f:id:ouenjinsei:20170109214727p:plain

こんな波の日は結構ツライ!

 

 

 

 

6、なかなか前に進んでいる気がしなくても、あきらめずにパドリングしていれば波を食らわなくて済むアウトの位置まで出ることができます。

 

 

そこにはボードの上に座り、波待ちしている他のサーファーがいることでしょう。

そこまで進むことができれば、やっと本当にサーフィンする波が来る位置まで出ることに成功したことになります。

 

 

波の大きさが頭サイズくらいの波や、腰腹サイズで波数の多い日でも、沖に出られるようにしておけば、湘南や千葉でサーフィンする上で心配はないでしょう。

 

 

山本先輩の初心者に特化したサーフィンレッスンを受けたい方はこちら!)