読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「挑戦することは素晴らしい」山本先輩のブログ

本田圭佑選手⚽️ が大好きな男、山本先輩が「挑戦することの素晴らしさ」を伝えたいをテーマに、主にサーフィン初心者に特化した、お役立ち記事を書いています。

サーフィンを趣味にする上で必要な4ステップ   (3、道具を揃える覚悟はあるか)

こんにちは!サーフィンを通じてあなたのチャレンジ精神に火をつける山本先輩です!

 

 

今回は、「3、道具を揃える覚悟はあるか」について書きたいと思います!

 

 

f:id:ouenjinsei:20160904121915j:plain

 

「サーフィンは始めるのにお金がかかりそうだよね・・」って言われることがあります。

 

 

新品で自分の欲しいものを揃えるなら、間違ってはいません。

 

確かにお金はかかります。

 

 

 

しかし、今日伝えたいのは「お金の問題じゃないんです」ということ。

 

 

 

あなたが、サーフィンしたいと思ったきっかけは、安く始められそうなスポーツだからですか?

 

 

 

もしそうだとするなら、サーフィンを趣味にするまで続けていくことは難しいです。。

 

 

 

・サーフィンできたらかっこいいな〜!

・スノボはやったことあるけど、波の上を走るって、どんな感覚なんだろう。

・親兄弟や友人がサーフィンしていて自分もやりたいと思った。

・サーフィンスクールで体験してみたら、もっとやってみたいと思った。

などの理由で始めてみる方ばかりです。

 

 

ここにお金の問題は存在していませんし、僕からするとお金を理由にやらないなんて勿体ない!サーフィンはそんなちっぽけなスポーツじゃありません。

 

 

 

 

やりたいと思うなら、何とかしたいと考え始めるのが僕たち人間のすごいところ。

 

 

 

どうしたらいいか?を本気で考えるはずです。

 

 

人に借りたり、もらったりできないかな?とか。

中古の道具はないのかな?とか。

ネットで安く買えるんじゃないの?とか。

ボーナスで買おうとか、カードの分割払いで買っちゃおうかな!とか。

(僕は欲しくなったらこのパターンでした。決してお勧めはできません。。)

 

 

 

あなたが本気ならなんとかしようとするでしょう。

 

 

今ならfacebooktwitterを使って、使わなくなったサーフィン道具はありませんか!?などと呼びかけるなんていう方法もあるかもしれませんね。

 

 

それがまさに「道具を揃える覚悟」なんです。

 

 

 

そもそも本気がないとサーフィンを続けること自体が難しいので、道具についても覚悟を決めて乗り越えて欲しいと思います。

 

 

 

 

 ちょっと厳しい言い方になりますが道具への投資で支払うお金は、自分のサーフィンに対する本気度、覚悟の度合いを表しているとも言えますので、自分への問いかけにもなります。

 

 

そんなこと言ってる僕も、道具を買ってしまったからにはここで止めるわけにはいかないと挫折しそうになるたびに思いましたし、そんな理由から何とか海に行き練習してきました。

 

 

真冬の海で沖にすらでれなかった時、休日を楽しむための趣味でなぜこんな辛いことやってるんだろうとか思いましたしね。

 

 

 

それでも続けていれば、少しずつでも上達するし、辛い部分も少なっていき、段々と楽しさだけを味わうことのできる趣味になっていきました。

 

 

今はブログで初心者の方向けに、少し偉そうですがこんなことも書いてますしね。

 

 

 

 

 

 

 

最後にもう一度伝えます。

 

 

サーフィンを趣味にしたいと思うなら、

「お金で判断してしまうのは、本当に勿体ないです」

 

 

 

覚悟を決めて、何としても道具を揃える方法を考えましょう!

そして揃えましょう!

 

その道具さえあれば、世界の波に乗ることことだってできるんですから☆

 

 

 

 

 

次回はステップ「4、あきらめない気持ち」について書きたいと思います☆

 

 

 

山本先輩がやっている初心者の為のサーフィンスクール情報はこちらから