読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「挑戦することは素晴らしい」山本先輩のブログ

本田圭佑選手⚽️ が大好きな男、山本先輩が「挑戦することの素晴らしさ」を伝えたいをテーマに、主にサーフィン初心者に特化した、お役立ち記事を書いています。

上手い!奴から学べ

サーフィン初心者

こんにちは!サーフィンを通じてあなたのチャレンジ精神に火をつける山本先輩です!

 

 

今日は先日、海で練習中に入っていたプロサーファーから色々学ばせてもらった経験について書きたいと思います。

 

 

f:id:ouenjinsei:20160918225211j:plain

 

動画等で見るプロの動きはどれも「良い波」に乗っているように見えます。

だからこそ乗った波にアクションを入れながら、格好良いライディングができているのだと。

 

 

しかし、少し違ったのは確かにプロは良い波に乗っていますが、週末サーファーレベルでは何もできないような波の日でも、彼らはその中の良い波を見つけて乗ることができるんです。

 

 

これね、間近で見ると「マジすげーわ!」って絶対言いたくなるんですよ。

 

 

アクションを仕掛けた時、ズッバーン!と波を切り裂く音が聞こえるほど。

そのキレはアマチュアとは違います。

 

 

 

◼︎上手い奴が乗る波をよーく見る

 

 

僕が初心者の頃、意識してみていたのは上手い人たちがどのような波を追うのか、そして乗るのかということ。

 

 

上手い人たちは、野球で言うと打てる球を見極める選球眼ならぬ、波を選ぶ「選波眼」に優れています。

 

 

 

それが良く分かった経験というのが、同じ海に入った時なんです。

 

 

自分の乗る波は乗ってもなかなかアクション出来るような状況ではない、でも「同じ海」に入っている上手い奴らは技を決めていきます。

 

 

 

一体何が違うの!?と毎回思うのですが、技術的なことの前に波選びなんですよね。

 

 

その時見るべきポイントは、 

まずそのポイントのどこにポジションニングしているのかを見る。

そして次に彼らはどのような波を追うのか?

 

 

まずここをしっかりと見て学んでもらいたいです。

 

 

プロのように上手い人の近くで入っていると、まず100%乗りたい波は持っていかれます(笑)

 

 

なので、そのような時は見て学ぶことに徹してみるのも非常に良い勉強になります。

 

 

 

これをやることでプロのようにアクションを仕掛けることの出来る良い波というものが、どういう波なのかが分かってきます。

 

 

運が良ければ、誰も追わない良い波がそこで自分に回ってきますから、絶対に乗ってみる。

 

良い波とはどういうものかが、乗ることでさらに良くわかりますから。

 

 

 

波に乗ってからのボード上での技術も、プロは勿論すごいのですが、そこはサーフィンしていたら最後まで追い続けることになりますので焦る必要はないです。

 

 

 

◼︎「選波眼」を鍛えて、良い波に乗れ

 

 

スノーボードとは違って。繰り返し同じ波で練習のできないサーフィンでは、この波を選ぶ眼を養うことが深く上達にも関わります。

 

 

初心者の方が一人で練習する場合も、ただサーフィンするではなく波選びの技術も同時に上げていくことが大切です。

 

 

そこで、有効なのが同じ海に入っている自分より上手い人が、どういう波に乗っているのかを見ることになります。

 

 

 

プロサーファーと海で一緒になる。なんてことも普通にあるのがサーフィンの凄いところです。

野球やサッカーなら、プロが近くで練習しているなんて、まずないことですから、どんどん上手い人から学んでいきましょう☆