読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「挑戦することは素晴らしい」山本先輩のブログ

本田圭佑選手⚽️ が大好きな男、山本先輩が「挑戦することの素晴らしさ」を伝えたいをテーマに、主にサーフィン初心者に特化した、お役立ち記事を書いています。

オンショアの波での練習方法

こんにちは!サーフィンを通じてあなたのチャレンジ精神に火をつける山本先輩です!

 

 

今日は先日頂いた質問、

オンショアがビュービュー吹いて「バシャバシャした海」での練習はどんな練習があるのか、という質問にお答えするブログです。

 

f:id:ouenjinsei:20161108012639j:plain

 

 

オンショアの波といえば、南風がオンショアとなる夏の湘南などにはありがちなコンディションです。

 

 

オンショアの強さにもよりますが、通常ならウネリとなって届くはずの波も風に潰され、砂浜に近い(インサイド)ところでどんどん崩れてきます。

 

 

これを風波とも言いますが、風波ではこのようにどんどん崩れて「波数の多さ」となり、初心者の頃は沖に出ようとしてもこの波にみんな必ずやられます(笑)

 

 

一度オンショアの波にやられると初心者の頃は特に、入りたくなくなる波。

 

 

まさに悲劇の波ですよね。。(砂浜でも砂嵐の目に遭うし。。)

 

 

 

このような日は正直、気合いが必要です。 

 

 

注意点としては、風により潮の流れなども発生するので練習に夢中になって、いつの間にか入った場所から大きく流されてしまうこと。

 

 

流されることに注意を払いながら、初心者の方にチャレンジしてほしい練習として

 

 

①インサイドで崩れる波のスープを利用したテイクオフ練習。

 

 

波数が多いのでボードに跨ってゆっくりと波待ちという訳にはいきません。

 

 

波を見極めて、タイミングを図り、ボード上に腹ばいで飛び乗るようにして波に乗る必要があります。(これも練習ですね!)

 

 

波に乗れたならテイクオフ動作に入り、ボードの上に立ち上がります。

 

 

 

 

②アウト(沖)に出る練習(パドリング力の強化)

 

 インサイドで崩れる波に押し戻される難関に立ちむかう、まさに気合いがないとできない練習です。

 

 

サーフィンがストイックなスポーツだということを思い知らされる瞬間がこれです。

 

 

10分以上、パドリングしっぱなしの覚悟を持って挑んでください。

 

 

ドルフィンスルーはできますか??(普段穏やかな波で練習しておきましょう)

 

 

これはドルフィンスルーの技術が試される時でもあります。

 

 

パドルしてはドルフィンスルー、海面に上がったらまたすぐに漕ぎ出す。

これを繰り返すことになります。

 

 

目に入りこむ海水を手ではらっている暇すらないと思ってください。

 

 

目を閉じたままでもとにかく漕ぐ。

 

 

必ず波が穏やかになる瞬間はきますから、そこでいかに先に進めるかです!

 

 

この瞬間を逃さず、「ヌォぉ〜!!」と叫びたくなるくらい漕いでください。

(僕も今まで何度も叫んできました)

 

 

 

※ポイントによっては潮の流れを使って比較的簡単に沖に出る潮の流れ(カレント)がある場合もあります。これは波を見る目がないと最初は分かりづらいですから、他のサーファーが沖に出て行くルートを見たりして学びましょう。

 

 

f:id:ouenjinsei:20161108012727j:plain

 

③沖に出たなら別世界が待っている。

そこでは波を見極める練習。

 

 

野球でいうストライクとボールを見極める選球眼ならぬ、乗れる波を選ぶ「選波眼」を鍛えることにもってこいです。

 

 

オンショア(風波)は波の予測が難しく、目の前に突然ポコン!っとブレイクする波が出てきたり、乗れるかと思えば波が厚くなってしまい波が消えてしまったり。。。

 

 

テイクオフ後も波が読みづらい状況ではありますが、掘れた波、厚い波が現れるので色々な技の練習ができる波です。

 

 

こんな日の海は僕の経験上間違いなく空いています。

 

なので人を気にせず色々と練習できる日です。

 

 

今日は掘れたセクションでリッピングする!

 

厚くなりそうならカットバック!など割り切って練習するのが良いでしょう。

 

 

f:id:ouenjinsei:20160907003535j:plain

 

 

 

山本先輩が教えるサーフィンスクールのページはこちら