読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「挑戦することは素晴らしい」山本先輩のブログ

本田圭佑選手⚽️ が大好きな男、山本先輩が「挑戦することの素晴らしさ」を伝えたいをテーマに、主にサーフィン初心者に特化した、お役立ち記事を書いています。

サーフィン上達の秘訣「腰のひねりを感じているか」

こんにちは!サーフィンを通じてあなたのチャレンジ精神に火をつける、山本先輩です!

 

今回のサーフィンの上達の秘訣はウネリからテイクオフし、横に行けるくらいのレベルの方(ターンを覚えたい方)には特に知っておいてもらいたい内容です。

 

 

◼︎ライディング中は腰をひねり、脇腹に違和感を感じる

 

f:id:ouenjinsei:20170129180336p:plain

 

上はテイクオフ後の基本姿勢ですが、レギュラースタンスの方なら左脇腹(グーフィーなら右脇腹)にひねりの違和感を感じていることがポイントです。

 

ターンで最も重要なのは「腰」です。

 

深いターンを行おうとすればするほど、体の軸をX(エックス)に使う意識が必要です。

 

簡単に言うとターンを行う際は、下半身の向きにに対して上半身は逆のひねりを加えるイメージです。

 

 

フロントサイドのボトムターンなら、下半身は波側を向いているのに対し、上半身はボトム側へひねり続ける。(この時、目線は波のトップを見続けること!)

 

f:id:ouenjinsei:20170301235214p:plain

 

f:id:ouenjinsei:20170326190125j:plain

f:id:ouenjinsei:20170326190450j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

バックサイドのボトムターンになると、下半身はボトム側(岸側)向いているのに対し、上半身は波のトップ側へひねり続けます(目線とともに後ろ振り返るくらいの意識で!)

f:id:ouenjinsei:20170301235719p:plain

 

 

言葉にするとなかなか難しいですが、伝わったでしょうか。。。

 

  

ターンを始める時、いかに腰を回転させるかが大事です。

 

バックサイドより体をひねりづらい、フロントサイドのトップターンにおいてはとても重要です。

 

この時のイメージしてもらいたい動きは、消しゴム(こんにゃくでもいいです)を上下をそれぞれ逆方向に少しずつひねって下側だけ離したらブルンッって元に戻りますよね。

 

上半身ひねったら、そのひねりに下半身がついてきて波のトップでブルンッってなるんです。

この動作でテールを蹴りこめば、オフザリップの出来上がりです。 

 

 

f:id:ouenjinsei:20161231113844p:plain

 

 

f:id:ouenjinsei:20170226015256p:plain

 

写真のようにフィンアウトのリッピングを行うには、無理やり板を返すのではなく、ブルンッの力をいかに使えるかがとても大切です。

 

 

上級者のようなボトムターンなどを行うには、腰、そして体幹を回転させる意識を大切にすることが重要なんです。

 

 

以上のことを常に意識して練習することで、僕がサーフィンで犯した最大の失敗とも言える「間違えたターン」を覚えてしまうことを防ぐことができます。

 

 

皆さんもぜひ「腰のひねり」を感じながらターンをしてみてください。

必ずサーフィンが変わってきますよ☆

 

 

 

山本先輩が行う初心者のためのサーフィンスクール情報はこちらから