読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「挑戦することは素晴らしい」山本先輩のブログ

本田圭佑選手⚽️ が大好きな男、山本先輩が「挑戦することの素晴らしさ」を伝えたいをテーマに、主にサーフィン初心者に特化した、お役立ち記事を書いています。

サーフィンを始めるなら「5月」だと思うワケ

こんにちはサーフィンを通じてあなたのチャレンジ精神に火をつける、山本先輩です!

 

 

いよいよ冬も終わりを迎え、桜の季節がやってきました。

 

 

日に日に暖かかくなり、寒い中の着替えも、ポリタンクのお湯の準備も必要なくなり、サーフィンしているとテンションが上がってくる時期です!

 

 

このブログを書いている今は4月ですが、5月のGW明けにはついに真冬用ウェットが必要なくなり、着替えも本当に楽になります。

 

 

僕は今着ているネックエントリーのセミドライスーツを脱ぐのが本当に苦手で、これが個人にも本当に嬉しい!

 

 

僕の話はこの辺にして、サーフィンを始めるなら5月という理由です!

 

 

真冬でも真夏でもないところが良い

 

 

水着でできる「真夏」からサーフィン始めるのが一番良いと思われますが、本気で続ける覚悟があるなら是非GWにウェットスーツ(3mmジャージやシーガル)を買って始めていただきたいです。

 

何故なら、千葉や湘南で「水着でできる期間」は約2ヶ月です。

 

気温は高くても、日が暮れてくると北風が吹く時期には素肌やラッシュガードだけでは寒く感じます。寒さを我慢するサーフィンは本当に辛いんです。。

 

夏のスポーツと思われがちなサーフィンも日本では「水着でできる時間は短い」というのが僕の実感です。

 

 

その日本で7月から始めて、週末海に通いつめたとしても安定してボードの上に立ち上がるには3ヶ月くらいはかかります。

 

 

立つことができても、沖に出れないとか、波が悪いとか、試練がまだまだ訪れます。

 

 

そんな中、冬の訪れは真冬の「寒さ」という敵が初心者のメンタルに効いてきます。

そして海から足を遠のかせようとします。(冬になって回数が激減する方は本当に多いです)

 

 

 

だからこそ、真冬用ウェットが必要なくなった5月から始めて、真夏にはそこそこ波に乗れて、真冬が来る頃には色々な辛さも経験できたくらいの状態で真冬を迎えるというのが一番挫折しづらいと思うのです。

 

f:id:ouenjinsei:20170402183211j:plain

 

 

今年こそはサーフィンを始めてみたいという方は、ぜひ5月を逃さないでくださいね☆

 

 

山本先輩の初心者のためのサーフィンスクール情報はこちらから)