「挑戦することは素晴らしい」山本先輩のブログ

本田圭佑選手⚽️ が大好きな男、山本先輩が「挑戦することの素晴らしさ」を伝えたいをテーマに、主にサーフィン初心者に特化した、お役立ち記事を書いています。

最近、チャレンジしてますか?!

こんにちは!サーフィンであなたのチャレンジ精神に火をつける山本先輩です。

 

 

 

僕はサッカー日本代表本田圭佑選手」の言葉に、世界で一番共感している人間だと思えるくらいに彼の言葉が好きです。

 

 

 

僭越ながら本田選手が世に放つ言葉の中には、自分の気持ちを代弁してくれてるんじゃないかと思うことが度々あります。

 

 

 

今日は本田圭佑選手の言葉から、僕があなたに伝えたいことを書きたいと思います。

(以下のテレビのインタビューでの受け答えですが、僕が文字起こしした内容になります。ぜひ読んでください)

 

 

f:id:ouenjinsei:20160824001822j:plain

 

 

◼︎明日、リュックサック持って世界に行け

 

 

 

 

Q「今の日本サッカーに足りないものは?」

 

 

チャレンジ精神の無さなんですよ。

環境に甘えてるんですよ。

これはサッカー界だけに言えるんじゃなくて、日本全体に言えるんですよ。

 

 

 

 

Q「チャレンジ精神を持つためにはどうしたらいいか?」

 

 

どうしたらいいかでしょ、海外に出るんですよ。

 

日本がどんなサッカーレベルか分からないでしょ?

世界に出たら分かるんですよ。

若いやつらに明日リュックサック持って世界に行けって言ってるんですよ。

 

 

皆なかなか行かないです。

 

 Jリーグで割といい年俸貰って、レギュラーでファンもいるんで。

 

 

僕わりと誤解されてるんですけど、そのスタンスで海外に行きましたからね。

僕オファーあってオランダ行ったんじゃないんですよ。

もう行かないと始まらないの分かってたんで、行ってテストして、そこで契約したいって言われて契約に漕ぎつくことができたんで。

 

出りゃいいんですよ。これ言うとねJリーグからも、各クラブからも批判されるんですけどね。別にJリーグ批判してる訳じゃないんですよ。

行って戻ってきたらいいじゃないですか、日本が好きなら。

別に戻ってくることを全否定している訳じゃないんで。

 

ただ日本だけでやってると分からないことがあるから出ろって言ってるですよ。

 

  

 

この本田選手の受け答えに、何か感じるものがあった特に会社員の方!

あなたの心にチャレンジ精神の火は消えていません。

 

 

僕は転職歴2回、現在も普通の会社員をしていますが、どの会社にも言えることはまさに本田選手が言う通り、チャレンジ精神の無さ。

 

 

 

上場企業に在職中ですが、期ごとの目標には、自分がやれば8割方結果が出ることも分かっており、失敗したことすら分からないような目標に取り組んでいたり、はっきりいうとチャレンジのかけらも無いことを目標にしていることが多いです。

 

 

そんな時、僕が毎回言いたいことは、

「失敗したっていいじゃないか!何にびびってるんですか?」ってこと。

 

 

それを失敗したことでの最大のリスクって何ですか?

 

 

命まで取られるようなリスクを負うならまだしも、そんなチャレンジまず無いですよね。

 

 

実際は失敗しても今と変わらないだけ。何てリスクしかないことも沢山あります。

 

 

 

毎回会社の存続を左右するような責任負うチャレンジなんて、そうそうあるとは思えません。そのレベルは会社の役員クラスが判断することです。

実際は役員だってそんな経営判断をしょっちゅうやってるとは思えません。

 

 

 

本田選手の言う通り、会社員が世界を見るっていうと転職がそれにあたるかもしれません。

会社員が転職してダメだからまた同じ会社に戻る、なんてことは普通難しいことだと思います。

 

だけど、会社員レベルであれば辞めなくても別の世界をいくらでも見ることができるんです。

 

 

会社と自宅の往復しているだけではそんな世界は見えてきませんが、早く帰れる日は社外の友人と話す機会を持つとか、興味のあるセミナーに参加してみるとか、外の世界を知ることはリスクなんて追わずにいくらでもできます。

 

 

すべての社内での人間関係を断ち切り、転職してまた一から始めるというのは現在居心地が良い会社にいる方ほど難しいでしょう。

 

 

僕も新入社員から12年間勤めた会社を辞める際はそうでした。

 

 

なぜ僕が会社を辞めるのか、ほとんどの人から理解されませんでした。

 

 

そのままいても自分の辿り着きたい未来がその会社にはないことが分かったから辞めたのですが、12年も勤めた会社をそういう理由で辞める人も中々いないということが良くわかりました。

 

 

会社を辞めることが正解でも、ましてや成功と言いたい訳でもないですが、

僕の人生においては必要な経験であったと、これは確実に言えます。

 

 

一歩踏み出してみたからこそ、経験できたことが沢山あります。

前職での経験を持ち、中途採用という立場で新しい会社に入る。

そこでどのようなコミュケーションを取っていけば仕事がやり易くなるのかなど、実体験として色々と分かりました。

 

これは考え行動してみた、そうですチャレンジした僕にしか分からないことです。

 

 

もし何かに迷って一歩踏み出せないでいるなら、外の世界をぜひ見に行ってください。

 

 

あなたの悩みが悩みですらなかった、なんてことに気づくかも知れません。

 

 

小さいことでも、チャレンジしましょう!命まで取られるなんてことはまずないですから(笑)