読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「挑戦することは素晴らしい」山本先輩のブログ

本田圭佑選手⚽️ が大好きな男、山本先輩が「挑戦することの素晴らしさ」を伝えたいをテーマに、主にサーフィン初心者に特化した、お役立ち記事を書いています。

サーフィンを趣味にする上で必要な4ステップ   (4、あきらめない気持ち)

こんにちは!サーフィンを通じてあなたのチャレンジ精神に火をつける山本先輩です!

 

 

 

今日は、サーフィンを趣味にする上で必要な4ステップの最後、「あきらめない気持ち」になります。

 

 

今回は完全に精神論です(笑)

 

f:id:ouenjinsei:20160904232744j:plain

 

 

サーフィンってはっきり言うと、かなりストイックなスポーツです。

 

根性無しと呼ばれる人には続けていくことはできませんし、サーフィンにはビギナーズラックなんてこともありません。

 

 

大人であろうと、子供であろうと関係ない。海でサーフィンすることは完全な実力社会です。

 

 

サーフィンを真剣に続けている人なら皆同じことを思うでしょう。

 

 

 

 

だからこそサーフィンには乗り越えなきゃならないハードルがいくつも存在します。

僕が初心者の頃に乗り越えてきたハードルを挙げていくと、

 

始めたての頃はバランスを崩してしまい、まともにボードの上に乗っていることすらできなかった。(こんなに難しいスポーツがあったのか!?)

 

 

いざボードに立ちあがる動作に入っても波に置いて行かれたり、波に巻かれたりして中々上達しない(ボードの上に3秒間立てるまでに半年もかかってしまった)

 

 

大きな波の日だったり、波数が多く次々と波が押し寄せるような日には、波に押し戻されてしまい沖にも出れず。練習しに来たのになんの練習もできずに砂浜で膝を抱えているしかないような日もあった。

 

 

一生懸命に波に乗ろうとしたら、ルールを破ってしまい、他のサーファー(子供にも)に睨まれたり、怒鳴られたりした。その回数も1回や2回なんてもんじゃなかった。。

 

 

 

 

このような辛いことの合間に楽しさだってちゃんとあるから頑張れるのですが、辛さのほうが勝ってしまい海から遠ざかる人も少なくないんです。。

 

 

 

そのためにステップ1ステップ2環境作りが大切だったりもするんですけどね。

 

 

 

 

僕がサーフィンを教えている根底にあるのは、サーフィンに限らずとも何かにチャレンジすること自体が素晴らしいことなんだと気づいてもらいたいから。

 

 

そのような人たちが増えていき、チャレンジする人が称賛されるような社会を作りたいと思っているから。

 

 

そこで僕にできることが14年間続けてきた「サーフィン」を通じて何度も失敗を繰り返すことで失敗したっていいんだ!と気づいてもらうこと。

 

たくさんチャレンジして、たくさん失敗した人が誰よりも成長することができるんだと実感してもらうためのサーフィンなんです。

 

 

 

 

さらに言うなら日本社会に蔓延る、チャレンジしたことより失敗に対してマイナスの評価が下される制度とか、安定という幻をいつまでも追い求めてしまうといったチャレンジしない社会の雰囲気を変えるきっかけにしていきたい。

 

 

あきらめずにチャレンジし続ける。

 

 

 

そんな背中を見せる大人が増えたら何より素晴らしい日本になると思っています。

 

 

 

話を元に戻すと、サーフィンを始めてみたいと思ったあなたが、サーフィンを趣味にするまでに訪れる問題はサーファーなら誰もが通っている道ですから、絶対に突破できます。

 

できるか、できないかを決めるのはあなた次第です。

 

 

人から何を言われようと、あなた自信があきらめなければいいだけです。

 

 

サーフィンを始めて、横に滑れるくらいになればもう絶対にサーフィンがやめられなくなっているはずです。

 

 

それまでにかかる時間はそう長くはありません。1、2年もあれば絶対にいけます。

 

 

その頃にはサーフィンがサーフカルチャーと呼ばれる文化にまで発展するスポーツであることがよく分かることでしょう。

 

 

それまで絶対にあきらめない。

 

 

とにかく海に入ること、続けてください。

 

 

「サーファー」のあなたがそこには待っています☆

 

 

 

山本先輩がやっている初心者の為のサーフィンスクールはこちらから